眼瞼下垂は早めに治療を始めたほうがいい病気です

眼瞼下垂は早めに治療を始めたほうがいい病気です

目元

目にまぶたが垂れ下がる

眼瞼下垂という病気がありますが、これはたるみによって上まぶたが目にかぶさってくる症状がおきます。美容整形外科で治療できる部類の病気なので、中には「特に慌てて治療することもないのでは」と考える人もいます。確かに命に関わる病気ではありませんが、放置していると様々な不調につながります。

女の人

不調が起こる原因

上まぶたが目に落ちてくると、視界が狭くなってしまいます。まぶたを無理に開けようとするため、顔の筋肉を必要以上に使いすぎてしまうこともあるのです。そうなると、筋肉の疲労が起き、肩こりや頭痛に悩まされることになります。原因がはっきりしない頭痛に悩んでいるのであれば、眼瞼下垂も疑ってください。

女性

早めに治療しよう

老けてみられたくないと願っているのであれば、眼瞼下垂には特に気を付けましょう。筋肉を無理に動かすと、おでこのシワにつながってしまうからです。
挙筋短縮法では外科手術で筋肉を切る手法をとりますが、切らない方法もあるので検討してみましょう。

他にもここが困る!顔のコンプレックスと美容整形

目元

顔が大きい

キュッと引き締まった顔だと印象も良くなるため、うらやましいと感じる人もいます。美容整形手術を使って顔を小さくする前に、顔のタイプを判断します。骨格自体が大きいなら骨を削る方法がありますし、エラが大きいならボトックスなどが使われます。

肌がたるむ

加齢によって肌は重力に負けて下がってしまいます。それに加え水分や肌組織が減ることにより、肌全体がたるみ、シワができてしまうのです。ヒアルロン酸注入やリフトアップによってこの悩みは解消できます。

目が小さい

目が大きくてぱっちりしている人にあこがれる人は多いです。そういった人はまぶたの整形を行なうことで大きな目を手に入れることができます。目と目の間にある襞を切ったり、二重まぶたにしたりするだけで印象を大きく変えられます。