ウーマン

安定した資産が欲しいなら中古マンション投資にするしかない

  1. ホーム
  2. 保証人代わりの業者

保証人代わりの業者

マネー

賃貸物件に入居する場合、必ず必要になるものとして保証人がある。保証人は、借主が賃料を払えなくなった場合や、物件に傷をつけるなど問題が起きた場合に、借主がお金を支払わない場合代わりにその責任を負う人である。保証人はその責任の重さから、なってくれる人は少なく、通常は両親や兄弟などごく身近な人が保証人になることがほとんどである。しかし、高齢の両親の場合で定職についていない場合には、保証人の条件を満たせない場合がある。そのような場合には、保証人を用意できず困るケースもある。これらの保証人に代わってくれる業者が、賃貸保証会社である。賃貸保証会社では、契約を行い一定の代金を支払うことで、保証人代わりになってもらうことができる。賃貸保証会社では、一般的に家賃の1カ月分などの料金を支払うことで、保証人代わりになってもらうことができる。また、2年など賃貸更新の区切りには再度お金を支払うなどで契約更新としている業者が多い。賃貸保証会社では、保証人より確実性が高いということもあるため、最近では不動産物件の貸し側について賃貸保証会社の利用を条件としていることもある。大家さんなどでは、賃貸保証会社に入居者が契約してくれることで確実に未払い金を回収できるということがある。会社相手での代金支払い請求の場合には、比較的請求しやすくなるため、これらのこともあり、賃貸保証会社の活用を条件に入居させるケースが増えている。