ウーマン

安定した資産が欲しいなら中古マンション投資にするしかない

  1. ホーム
  2. 情報を分析しよう

情報を分析しよう

メンズ

不動産投資をするために物件探しをするのであれば、投資物件情報の見方を知っておきましょう。現在、多くの不動産投資物件情報サイトがありますが、記載されていることは概ね同じです。主に、価格や家賃、表面利回りなどの内容がかかれていることが多いです。他にも築年数や施工会社、管理費といったことも記載されています。さらには、修繕積立金、現況も書いてある場合もあります。これらの情報のいずれも重要な要素ですが、これらのいくつかには注意をしなければならない点があります。まず家賃です。家賃は入居者がいる場合には、現在の入居者が支払っている家賃が記載されています。しかし、現況が空室の場合には、想定家賃が掲載されていることがあります。これは募集をかけている家賃もしくは募集をかけようとしている家賃です。購入後、入居者がなかなか見つからない場合には、引き下げられることもあります。つまり、実際に受け取ることができる家賃とは異なる可能性があるのです。次に表面利回りにも気を付けましょう。表面利回りとは、年間家賃を物件価格で割って求められています。別途記載されている管理費や修繕積立金等は考慮されていません。そのため、表面利回りは高いものの、管理費や修繕積立金も高いために、実質利回りは低くなったというケースもしばしば見られます。不動産投資情報サイトに掲載されている情報はありのままを示しています。この情報をいかに活用して不動産投資に活かすかという点が大きなポイントとなります。また、これらの情報を分析することで、お宝物件が見つかる可能性もあります。